健康美容コラム 全記事 美容コラム

甘酒ダイエット第2弾~甘酒ファスティング?(酵素断食)


甘くて飲みやすく、子供から大人まで人気の甘酒糖質が高そうなのに、ダイエット効果があるとは驚きですよね。さりげなく流行っている「甘酒ダイエット」。正しく甘酒を摂取すれば、甘酒ダイエット成功者の一員です!

編集部
甘酒ダイエット第1弾」では甘酒糖質とカロリーを紹介しました。今回の記事では、甘酒ダイエット第2弾として「甘酒ファスティング」について紹介します。

 

飽食しないように、ダイエットしましょう!

「飽食」という言葉を知っていますか?

簡単にいうと「食べ物に苦労しない」という意味です。日本人は食べたいと思ったものを食べられる環境で、簡単に食べ物が手に入るため「食」への執着が薄れている傾向にあります。

好きなものだけを食べられるので、栄養バランスが乱れてしまいがちで、肥満になってしまう傾向があります。飽食による高齢者の低栄養状態は心配し、生活習慣病の増加も問題点のひとつです。

美味しいものをいつも美味しく食べていたいですよね。そのためには、ファスティングを実践して、健康を維持していきましょう。

ファスティングとは?

ファスティングは一定の間食事をせず、消化器官を休めて体調をリセットすることです。「断食」という言い方もありますが、断食はファスティングと違い、食事だけでなく水も摂らない方法です。

ファスティングによる効果はなによりも体調の改善です。腸内環境を整えることによる新陳代謝の向上で、脳の活性・ダイエットにもなります

方法として、慣れるまでは体の様子をみながら行うのが大事です。ファスティング前の準備期間をもうけて、体を少しずつ慣らしましょう。準備期間中は揚げ物やアルコールなどの摂取は避け、や腸内を休ませます。その後は1~3日を目安に、いよいよ固形物摂取を控えます。ファスティング期間終了後は回復期です。少しずつ、にやさしい食事を摂っていきましょう。

編集部
いろいろなファスティングがありますが、おすすめの甘酒のファスティングについて説明します。

甘酒のファスティング

甘酒ファスティングの方法

1日3食を甘酒に置き換えるというもので、これを1日~数日間続ける方法です。

いきなり3食置き換えるのは辛い場合は、とりあえず朝、もしくは夜のどちらか1食を甘酒に換えても十分に効果はあります。味に飽きたり、どうしても口が寂しくなってしまったときは、甘酒を豆乳で割ると味変になって続けられるので、ぜひ試してみてください。
また、甘酒ファスティングの合間に酵素ドリンクを取り入れるのもいいですね。甘酒ファスティング同様、「酵素断食」という方法もあります。

甘酒ファスティングをおすすめする理由

ダイエットに向いている甘酒は、米と米麹発酵させて造った米麹甘酒です。なぜ甘酒ファスティングでのダイエットが可能なのか。その秘密は甘酒が次の栄養素が含まれるからです。

  • ブドウ糖(集中力・記憶力向上など、脳の栄養源)
  • アミノ酸(補うべき9種のアミノ酸すべてが入っている)
  • ビタミンB群(疲労回復・新陳代謝促進・ホルモンバランス改善)
  • 食物繊維(腸内環境の改善)
  • オリゴ糖(免疫力の向上)

主要な栄養素だけでもこれだけあるので、「飲む点滴」といわれるのには納得できます。

甘酒ファスティングの注意点

ファスティング中はふだんよりも水分不足になりがちです。水分補給をしっかりしましょう。同時に塩分の補給も忘れないでください。梅干しやみそ汁の汁だけなどで簡単に補給できます。

ファスティングをするにあたり、一番大切なのは「無理はしないこと」です。無理をしてファスティングを続けて、体調を崩しては意味がありません。体調をよく考えて、自身に合った甘酒ファスティングを実行すると安心・安全にダイエットできます。

ちなみに、甘酒の飲む量の1回分の目安は小さなコップ1杯(100ml~200ml)です。栄養がぎっしり詰まっているからと、飲みすぎては糖の摂りすぎになってしまうので注意してください。

まとめ

わが家で甘酒はお正月とひな祭りになると食卓に出ていたので、甘酒はお正月・ひな祭りに飲む、少しめでたい雰囲気をだす飲みものだと勝手なイメージを抱いていました。
ところが、栄養満点で季節に関係なく、手軽に飲める身近な万能飲料「甘酒」です。飲みすぎに注意して体調と相談しながら甘酒ファスティングを一緒に成功させましょう。

  • この記事を書いた人

あまざけプレス

「あまざけプレス」は、甘酒と健康美容と栄養補給に関する情報と知恵を発信しています。

-健康美容コラム, 全記事, 美容コラム
-, , , , , ,

Translate »