全記事 最新情報

【古町糀製造所】新潟県独自の乳酸菌を使った発酵飲料“お米ののむヨーグルト”が「料理王国100選」にて優秀賞を受賞しました


糀甘酒専門ブランド「古町糀製造所」の販売する商品「お米ののむヨーグルト」がこのたび、料理王国100選の優秀賞を受賞しました

料理王国100選とは

株式会社JFLAホールディングスの出版する雑誌、『料理王国』の編集部が主催する品評会です。食の権威とも言うべきトップシェフと食品バイヤーの審美眼にかなった、数々の美味なる逸品が選定されます。

今回で12周年を迎えるこの品評会には、国内外より1000件を上回るエントリーが寄せられました。審査にあたっては、品質や味わいはもちろん、環境やSDGsへの配慮、技術力が活かされているかなど多岐に渡って検討されます。

料理王国100選2022公式ホームページ:https://ck-inc.net/100item/2022/

お米ののむヨーグルト

このたび古町糀製造所が受賞した「優秀賞」は、選定品の中でもトップ10品に相当し、品評員の皆様方からも大変高く評価をしていただきました。以下にいただいたコメントを評価レポートより抜粋して紹介いたします。

  • 今後の乳の代替品として可能性の高い商品。米への需要がへる中、新しいお米の活用方法。
  • 程よい酸味。魚のカルパッチョの酢がわりやポシエ(に使えそう)。
  • 辛い料理に合わせたり、そのままでも。ノンアルコールペアリングの素材として魅力大きい!

商品情報

商品名:お米ののむヨーグルト
容量:720ml
原料:米、米糀
飲み方:ストレートでの飲用を想定した商品です。そのまま冷やしてお召し上がりください。

開発の背景

本品は新潟県の独自乳酸菌、「乳酸菌ヤマコシ株(学名:Lactiplantibacillus paraplantarum YAMAKOSHI)新潟県特許(出願中)」を活用して開発された乳酸菌飲料です。

これは、新潟県農業総合研究所 食品研究センター(所在地:加茂市)が同定した乳酸菌で、新潟県長岡市山古志地域に伝わる無塩漬物「いぜこみ菜」から見つかったものです。新潟県食品・流通課の雪国の発酵食文化発信事業「新潟の発酵食研究会」において、当該乳酸菌を活用した加工食品の開発を県内各メーカーで議論しながら開発に取り組んでおります。古くから雪国新潟の食文化に埋もれていた、目に見えない乳酸菌という地域資源を活用した新しい加工食品です。

古町糀製造所では従来、こうじ発酵の作用によって作られる甘酒を製造・販売しています。ここに乳酸菌ヤマコシ株の作用を加えて完成したのが「お米ののむヨーグルト」です。ミルクフリーで原料はお米だけですが、二種類の菌による発酵の力でまるでヨーグルトや乳酸菌飲料を思わせる味わいに仕上がりました。

本品は2021年8月に販売開始となった商品でございますが、ウェブ通販を中心に多くのお客様にご利用いただき、新しい発酵飲料としても高評価をいただいております。

商品に込めた想い

古町糀製造所は創業以来糀甘酒の製造販売を主業としてきました。原料となる米(農業)と米糀(醸造業)はいずれも、新潟県の重要な産業ですが、食生活の西洋化に伴い斜陽と呼ばれて久しい業界でもあります。こういった素材を、現代の消費傾向に合わせてアレンジしてお客様に提供することで少しでも産業の力になりたい、また消費者に新しい食体験を届けたいと考え運営しています。

食を取り巻く環境は激変の時代に突入したものと考えております。諸外国を中心にそのうねりが大きくなり始めており、徐々にわが国にもアレルギーフリー食品、ヴィーガン食、環境負荷の観点から植物性食品を選ぶなどの潮流が入り始めているように見受けられます。欧米ではアレルギーフリーのライスミルクがアーモンドミルクに次ぐ第4のミルクとして認知されています。

乳製品を使わずに、米と米糀という植物性原料のみから作られる本商品は、新潟の米と発酵文化を背景に、美味しく生活に彩りを与えることはもちろん、そういった社会問題への貢献をも目指すものです。

このたびの吉報も一つのきっかけとして、米食や発酵食の奥深さ、面白さをさらに広く皆様にお伝えしていきたいという所存です。

会社概要

会社名:古町糀製造所
所在地:新潟市中央区古町通二番町533番地
ホームページ:http://www.furumachi-kouji.com/

  • この記事を書いた人

あまざけプレス

「あまざけプレス」は、甘酒と健康美容と栄養補給に関する情報と知恵を発信しています。

-全記事, 最新情報

Translate »