乳酸菌


乳酸菌は、ブドウ糖炭水化物)などを分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。
乳酸が作られると腸内が酸性に保たれ、「悪玉菌」の増殖を抑えます。乳酸菌は「善玉菌」です。
乳酸菌の効果は下記になります。
1.整腸作用
2.コレステロールの低減作用
3.免疫力を高める
4.その他 ストレス抑制効果など
腸内の乳酸菌を殖やすためには、善玉菌を含むもの(発酵食品など)と善玉菌のエサとなるもの(食物繊維オリゴ糖)を一緒に食べると良いとされています。

  • この記事を書いた人

あまざけプレス

「あまざけプレス」は、甘酒と健康美容と栄養補給に関する情報と知恵を発信しています。

-

Translate »